« シャワートイレ新調 | トップページ | お家で過ごそう »

通院日

先週は、ベーチェット病の通院日でした。

特に体調は変わらず、関節の痛いのも相変わらず。

が、病院の感染症対策が厳戒態勢になってました。

まず、あの大きな大学病院の出入り口が1つに集約され
院内入るのに、まず検温。
そして、アルコール消毒はほぼ強制。

以前から、入院患者さんへの面会は一切禁止となっているので
病院に入るのは、外来患者だけ。
駐車場は、多少すいてたかな。

さらに、院内では問診記入もあって
待合スペースにも入れる箇所は限られていて
この広い院内、完全に制御してるなぁと感じました。


でも、担当医は今まで通りな雰囲気で
少し安心しました。


私はといえば、
今回の血液検査で
膠原病の炎症数値を示す『赤沈』が基準値より上がってきていて
関節炎の数値も上がっていました。

でも、ステロイドは減らしたいという事で
減らすことに。。。


『この関節痛って治るんでしょうか?』
と、聞いてみた。
すると
『去年、新薬出たの知ってますか?』と先生

初耳なイワトビ。

ベーチェット病に特徴的な口内炎。
これが、どうしても治まらない人がいるそうで
その方向けに去年の12月に認可が下りたそうです。

それは、ステロイドでもなく、
免疫抑制剤でもない、画期的な新薬だそうで
それを服用した人は、口内炎だけでなく
関節炎も治まったという事例が出てるそうです。

それが、ゆくゆく私に投薬されるかは
まだわかりませんけどね。



医療は、日進月歩です。

|

« シャワートイレ新調 | トップページ | お家で過ごそう »