« 母の通院 | トップページ | 2019年もあと少し »

私の通院のお話

母の病院に付き添った数日後、今度は自分の通院でした。

ステロイドが減ってきて
またまた、関節痛が出てきています。
メトレートも、あまり効かないのかな。。。

でも、とりあえず、ステロイドのみ減らす方向で
薬が調整されました。

秋に、大腸カメラやって、腸内とても綺麗だったので
『脂質って、あまり気にしなくても大丈夫ですか?』と
聞いてみました。

以前、消化管の先生が
『ベーチェット病は、食べ物だけで病気をコントロールする事は
 難しくて、他にもいろいろとわかってない要因があるから。
 でも、脂質を調整するのは、健康にいいから』と言われたことも伝え。


先生は
『正直、イワトビさんほどしっかり自己管理されてる方って
 なかなかいないんですよ。
 たいていどうしていいかわからずに、栄養士さんに何度も
 面談してもらったりしてるんですね。
 今のこの状態が保たれてるのは、
 イワトビさんの自己管理があっての事と思うので
 続けてください。』

これから、さらにステロイドが減ってきて、たぶん来年中盤以降頃に
症状が再燃しやすい量になってくるんだそうです。
再燃せずに、クリアできればステロイドがゼロになって
寛解と呼ばれる時期に突入できるわけです。

そして、その寛解を維持するためにも、やはり自己管理は必要ってことですな。



今でも、たまに
『なんでこんなに薬を飲む生活になってしまったんだろう』って
思う事もあるんですよね。。。(^-^;



とりあえず、ゆっくりではありますが
ステロイドは減ってるのでよしとしましょう。



|

« 母の通院 | トップページ | 2019年もあと少し »