« 通院日~膠原病内科~ | トップページ | 退院後の初カフェ »

免疫抑制剤の追加

さて、先日の通院の薬のお話です。

最近の医療は『QOL=Quality of Life』を優先するという
考え方が広まってるそうです。
意味はいろいろありますが、『生活の向上』『生活の質』
というような意味です。

イワトビの場合、今現在関節痛が強く、痛み止めもあまり効かず
(基本的に痛み止めで回避するのは、一時的な処置だそうです)
日常生活に支障がある。と先生は判断されたようです。

『イワトビさんの場合、
 7mg辺りがポイントなのかもしれませんね~』と先生。

ステロイドを減らしていく段階で、人によって症状が
再燃しやすいポイントがあるそうです。


関節炎治療の薬も、イマイチ効果薄い感じだね。
イワトビさんの場合、腸管にも症状は出てるけど
発熱、関節炎症、皮疹の症状が強く出てたよね。

先生、しばらく考えてて

『ステロイドを10mgまで増やして、
 同時に免疫抑制剤を使ってみましょうか』とおっしゃった。


リウマチの人によく処方される『メトレート』です。
関節に良く作用するんだそうです。
副作用の事などが書かれてる冊子を見ながら
説明してもらいました。


『私、ステロイドも免疫抑制剤と思ってました』というと

『大きなくくりでは、ステロイドも免疫抑制剤なんですが
 私達(医者)は分けて考えています』


そして、なんとなくその意味がわかったのが
『ステロイドは2~3日で効果が出ますが
 免疫抑制剤は早い人で1ヶ月、通常2ヶ月ほど
 効果が出るのに時間がかかります』と先生。

この説明で、分ける意味が理解できたように思う。。。


実際、入院の時ステロイド投与がしっかりと始まったら
それまで歩行補助がないと歩けないほど
膝と足首が腫れてたのに、2日ほどで補助なしで
とりあえず歩けるまでに快復したからね~


で、このメトレート。
週一回の服用で、その翌々日に葉酸欠乏の予防薬を飲むという
なんか忘れそうな周期(^-^;

毎日飲む薬、週一回の薬、その翌々日に飲む薬、月一回飲む薬。
薬飲むのも頭使うわ(^-^;


この先、2か月はステロイドは減らない。。。(-_-;)
メトレートが効いて、またステロイドが減らせれるといいなぁ。


|

« 通院日~膠原病内科~ | トップページ | 退院後の初カフェ »