« ついにあの家電が。。。 | トップページ | 初外食 »

不幸比べ

今回、突然に発病した膠原病ですが。。。

膠原病は、いろんな膠原病と合併したりすることも多く
なかなか、診断が難しいそうです。

私は1週間、家で高熱と痛みで辛かったですが
人によっては、いろんな内科の病院をたらい回しにされて
やっと、膠原病内科にたどり着いたって方もいらっしゃるそうです。

通常の内科医では、膠原病の診断は難しいんだとか。

私の入院していた病院は、膠原病内科として
独立した科があって、専門医がいる数少ない病院だそうです。


私を初診してた先生が、膠原病を診れる先生だったというのも
ラッキーだったかもしれません。
紹介状にも、膠原病内科と書いてくれてましたので。。。



先日、教室にいらして下さった方は、一昨年の夏に
乳がんを経験されてる方です。
いろんな話をしながら、入院中の事を思い出しました。



私もいろいろと大変でしたが、それでも病名が判明して
治療に取り掛かり、今に至ります。

でも、症状によっては、なかなかこれも疑わしいけど、あれも疑わしい
という具合に、検査しても『コレ』と答えの出ない事も多いみたいです。
同じ病名でも、人によって全然症状違う事もあって。。。

そして、膠原病は寛解になっても、再燃する可能性は常にあって
この先どんな風に、病状が進むのかも、
わかりにくい部分があります。

そんな、不安もあってと思うのですが
入院中に
『まだ、ガンの方がいいと思っちゃうわ。。。』と
おっしゃってる患者さんがいらっしゃった。

悪いところを切ってしまえば、それで終わりでしょ。
という意味と思います。

気持ちはよくわかります。
不安を抱える気持ちは、不安を抱える人でないと
わからない部分もありますし。


私は、生徒さんもそうですが
友人や、身近にガンの経験者がいますし
どんな病気も、辛い部分はあると思うので
その意見に、同意も反対も出来ませんが。。。


そう、他人と悩み比べしても仕方ないのです。

よく
『私はそんな病気にならなくてよかった』とか
『そんな酷い症状じゃなくて感謝だわ』とか
人を物差しにしないと、自分の幸せ度が計れない事あります。

でも、そんな事意味がないのです。
その時点で、自分が不幸だと言ってるようなもの。

自分一人で思ってるのは勝手ですが
口にするのは、やっぱりね、やめた方がいいかと。

人それぞれ、いろんな苦しみがあるのだし
自分の何気ない一言が聞こえて、
傷ついてる人もいるかもしれない。


華やかな世界にいて、成功者のように思える人が
自ら命を絶つ事も、そんなに珍しい事ではないのです。

不幸を比べたって、意味がない。



私、発病した頃は、突然すぎてなかなか受け入れられず
スマホの昔の写真見て
『この頃は、全然元気だったのに。。。』と
入院中、一人泣いてる事もありました。
仕事から疲れて帰ってきたあききが
温めただけのご飯食べてるのにも、
申し訳なくて、涙が出ました。


でも、今は泣く事はありません。

あんまり好きじゃないと思ってた料理も
新しい料理法を知ったりして
結構面白いと発見だったり、
脂質を気にして生きていくという事に
初めは、何食べて生きていけばいいんだろうって思ってたけど
食材一つにしても、新しい発見があったりして
自分なりにいろいろと工夫の余地もあったりして
案外と、楽しくやっています

病気する前は、一人で食べるお昼ご飯作るの面倒に思ってたけど
今は、不思議と面倒に感じません。



筋肉回復を兼ねて、今まで歩く事なかった道も
いろんな発見の連続です。


病気にならないに越したことはありませんが
人の悩みはそれぞれです。
それを比べても仕方ないのです。


大病した人ほど、それを知ってるのだと
教室時に感じたのでね

|

« ついにあの家電が。。。 | トップページ | 初外食 »