« 冬仕様 | トップページ | 久しぶりに »

閃輝暗点

今月は、雨が多いです

『閃輝暗点』(せんきあんてん)と読みます。
ゲームかアニメのキャラが繰り出す必殺技ではありません

私がこの症状を自覚したのは
今世紀最強と言われた、台風21号が近づいてた日でした。

台風情報を見ながら、図案描きしようとパソコン開いて
テレビは、常に台風の現在地や警報、避難情報が流れてました。

ふと、テレビを見ると
画面の左したの文字が見えない。
視野が欠損してる状態です。

驚いてるうちに、その欠損部分は大きくなり、
その周りに、赤と緑のギラギラした物が出てきて
動揺してる間に、それは視界からなくなりました。
その後も、しばらくはパソコンの文字が浮き出てるというか
二重になってるような状態に見えて、気持ちが悪いので
少し横になりました。
たぶん、気圧のせいかな?と思ってました。

この状態を画像にしてみました。


Dsc_5726

こんな感じで、左下が白っぽくモヤモヤとして見えなくなりました。

続いて、その部分が大きくなってきて

Dsc_5725

縁に、赤と緑のギラギラ。
キラキラというと、綺麗な雰囲気だけど、
ギラギラと、強い雰囲気でした。


でも、この時は1時間も横になったら
気持ち悪いのもなくなって、ヘーキになったので特に気にする事もなく。



その後、1週間経った頃、夕飯を作ってる時に
また同じように、突然左下から視界がモヤモヤと見えなくなって
赤と緑のギラギラした物が。。。

1週間の間に2回も。。。
飛蚊症があっても、視界にチラチラ光が飛んでも
シェーグレンでも、眼医者なんて行った事ないのですが
ちょっと、怖くなって翌日教室もないし、眼医者に行ってきました。


結果、緑内障、網膜剥離などまったく異常なし。
これは、これで、ちょっと安心。
眼医者とは全く縁のない生活してきたので。


眼医者さん、とってもボソボソしゃべる先生で
『閃輝暗点と思いますね。
 片頭痛の前触れの事が多いんだけど。。。
 ただ、40過ぎて初めて発病する場合、脳のね。。。
 特に頭痛がないと、脳の異常とかね。。。
 脳梗塞の前兆とかね。。。』

えっ?
なんか怖い事を、ボソボソ言ってる。
私、頭痛出なかったし。。。


『また、同じ症状が出たら来て下さい』と、先生。

でもさ、目は異常ないんだから、次にここ来たって
脳神経外科に紹介状書いてくれるくらいだよね?


そんな不安な日々は過ごしてられません。


夜に、あききに話をしたら
『専門に診てもらった方がいいんじゃない?』と言うので
翌日、調べて、脳神経外科の外来へ行ってきました。




とても、ゆったりと話を聞いて下さる先生で
今までの経緯を説明すると
『その先生は、なかなか勉強されてますね~』

ボソボソ話す先生だったけど(眼医者)腕は確かなようだ。

通常、この閃輝暗点は20~30代で発症して
閃輝暗点の後に、片頭痛が起こる事が多いそうです。
そして、40過ぎてくると、閃輝暗点は治まっていくんだって。
私のように、40過ぎて初発は珍しいんだとか。

『MRI撮りましょう』
その結果を見てからですね。


MRIのあきが偶然にも、当日の夕方に1枠あって
もちろん、即答でそこへ予約入れてもらいました。

診てもらった脳神経外科は、総合病院の分院なので、
MRIは、総合病院へ行く事に。
ついでに、MRAも撮ることになりました。
※MRAは、脳の血管が造影剤なしに写せるそうです。


金属は、一切ダメですと、説明を受けて
化粧もパール入ってる物はダメなんだそうです。
私はパール入りは使ってなかったので、すっぴんでいく事は
免れました


MRIの順番を待ってる時に。。。
そーいえば、すごい音がするんだったよね。
と、急に昔聞いた話を思い出しました。

『私は、お腹だったから我慢できたけど
 あれが頭だったら、あの音は我慢できなかったかも』とか

『たいした音じゃなかったぞ。
 俺なんて寝ちゃっていびきの方がうるさかったかもな』
と、おっちゃん武勇伝あるあるとか。



私の番になりました。
磁気遮断されてる待合室にいても、音が聞こえてきます。

金属は全て外すように言われて、
検査着に着替えて、さらに金属探知機でチェックされて。

MRIは、入れ墨してる人もダメなんだそうですよ。


ついに、人生初のMRIです。
耳栓されて、さらに耳に遮音性のあるスポンジを当てられ。
気分が悪くなったら、これを握って下さいね。
と、何やらナースコールみたいなのを握らされました。


30分くらい検査にかかるらしいけど。。。


『カンカンカンカン』始まりました。
『ジィィィ』
そのうち
『ビョンビョンビョン(ベースの絃を弾くような音)』とか
『ガーガーガー』と、大きな音が始まりました。
耐えられない程ではないけど、
この音をずっと聞いてるのもしんどいので
頭の中で、歌唄ってました。
2曲くらいで、
『終わりましたよ』と、肩を叩かれました。


15分くらいかな?


5日後、結果を聞きに分院へ。

『異常なし』


ホッとしたよ
正直言って、軽いめまいは頻繁にあるし
頭痛も昔に比べて多くなってるし
心当たりがいろいろあったから。


今まで、脳ドックを受けた事なかったので、
結果には、ホント安心しました。
これで、脳の委縮があるとか言われて
『アルツハイマー初期』とか言われてもショックだし。



先生は
『大丈夫。綺麗な脳してるから』
血管も、細くなったりコブになってるところもなく
とても綺麗だそうです。

『閃輝暗点は、頭痛の可能性もあるけど
 必ず頭痛が出るワケではないからね。
 頻繁に起こるようなら、神経内科でみてもらってください』



やはり、これは、40過ぎの女性あるあるの
『更年期』なのか?
全てがそれで片付いてくれれば、安心なんだけど。



それでも、閃輝暗点で脳梗塞が見つかる人もいるそうなので
症状が出たら、すぐに病院に行く事をお勧めします。



閃輝暗点をネットで調べると、私のような
視野欠損が出ない人もいるようで、
一般的には、ギラギラとしたものが視界に突然現れて
消えていくみたいです。

|

« 冬仕様 | トップページ | 久しぶりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬仕様 | トップページ | 久しぶりに »