« 紅葉 | トップページ | 久しぶりの開封作業 »

血液検査

昨日、病院へ行ってきました。

通うようになった病院の先生は
いろいろと話を聞いてくれる先生のようで
今回、気になってた事をいろいろと…

・薬飲むほどではない頭痛が多くなった
・疲れやすいのか眠気が強いのか…
・寒くなると、手の薬指の爪だけが紫色になる
・めまいが出やすい時がある
・耳の下が腫れる事が度々あった

などなど
まだ、言い忘れた事もあったんだけど
とりあえず、ここ数年気になってる症状を
話してみました。

前回の時
『シェーグレンと関係ないって思っても
 自己判断せず、気になる事はなんでも言って下さい』と
おっしゃって下さったので。

先生は、私が話してる間、否定も肯定もせず
話をカルテに書き込んでました。

で、
『爪の色が変わった時に、写真撮っておいてください』
と、おっしゃり

耳の下が腫れるのは、シェーグレンが関係してる可能性があると
話されて
腫れてる時は、痛いし、外から見ても
耳の下が腫れてるのはわかりますと言うと
『それは、一度診てみたいですね。
 腫れた時に、ここにこれなければ、写真撮っておいてください』
先生、ちょっとテンション上がってた

耳の下、文字通り耳下腺(ジカセン)と言うそうで
シェーグレンの人は、その部分が何度も腫れる事があるそうです。
その部分には、唾液腺があるんだって。

場所的におたふくと間違えやすいけど、
何度も腫れるという時点で、おたふくは除外だそうです。


私個人としては、先生と呼ばれる人達は
物事に強い興味を持つ…『オタク』であって欲しい
と、思っています。

なんでもマニュアル通りでしか、見れない人より
いろんな方向から(興味を持って)見る事の出来る人の方が
信用が出来ると思ってます。

私が通うようになった病院の先生も
説明の仕方など、
『探求心』のある先生のようです。


で、血液検査は、次回の診察の時だそうです

|

« 紅葉 | トップページ | 久しぶりの開封作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉 | トップページ | 久しぶりの開封作業 »