« 守護神となるか? | トップページ | 役立たず… »

人と寄り添う種族の違う生き物

ほとんど放置なのですが、
私、facebookなるものをやっております。

そこで、他の方の投稿で
災害救助犬の事が書かれてました。

今回の広島での災害でも
ニュースでは、災害救助犬が仕事をしてる
風景が映ってました。

このワンコ達。
がれきの中を、靴も履かずに歩き回りますので
釘やガラスで足は血だらけになる事もあるそうですが
そんな事は気にもせず、ひたすらに生存者を探すそうです。

そして、自分のみつけた被害者が
生きていると、とても嬉しそうにするんだそうです。
自分の発見した被害者の、生死を問わないワケではなく
生きて発見したいと思いながら、活動してるのですね。

逆に、災害から日数がたち
生存者の発見が少なく、死者が多くなってくると
だんだんと、ストレスを感じるようになって
出動を嫌がるワンコもいるんだとか…

アメリカの9.11の時も、災害救助犬は活躍しましたが
犬のストレスを和らげるために
捜索作業者が、わざとがれきの中に隠れて
生存者として、犬に発見されるという事もしていたそうです。
そうする事によって、ワンコ達は、
生存者をみつけたという事を糧に、頑張るんだそうです。


そんな投稿を読んでたら、胸がいっぱいになりました。


そして、先日起きた
仕事中の盲導犬に、何者かが怪我をさせた事件。
そんなに心すさんだ人間がいるのだという事に
悲しく、どうにも許せない気持ちです。

犬は、人間に比べれば痛みには強いですが
痛みを感じないわけではありません。

ある人が
『飼い主がフンの始末もせず、散歩してるのみれば
 犬を嫌いになるのは仕方ない』と
言っていました。

が、それは、犬が悪いのではなく、飼い主が人間が悪いのです。
犬に対しての好き嫌いはあるでしょうが
そんな事は理由にならないのですよ。


犬は、人間と種族は違いますが
人に寄り添ってくれる、優しい生き物です。
もしかしたら、人間以上に優しいのかもしれません。

|

« 守護神となるか? | トップページ | 役立たず… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守護神となるか? | トップページ | 役立たず… »